子供が元気になる小児ばり 女性と子供の為の野の花鍼灸院
子供を襲う健康障害に有効な小児ばり
地球環境問題は、私たちの家族生活に影響を与えていま
す。その最たるものが子供のアレルギーの増加です。

おとなよりはるかに環境の変化に敏感な子供たちは、
心身の健康にさまざまな支障を受けており、
都市部に住む0歳児から小学生までの子供の場合、およそ10人にひとりの割合でぜんそく・
アトピー・花粉症などのアレルギーを持つと言われています。血行や体内の気の流れに刺激
を与え、自然治癒力を格段に高める鍼治療は、現代におけるこうした子供の健康障害に大きな効力を発揮します。
「子供にはりを」と言うと、ぎょっとしてしまう人もいるかも知れません。
しかし、小児はりは江戸時代に大阪で生まれ、その後、関西を中心に広まった
日本オリジナルの鍼術です。

小児はりは「刺しません」。「こする」というのが最も近い表現でしょう。
したがって、痛みはまったくなく、むしろ、ここちよいものです。

●次のような症状をお持ちのお子さんに効果があります。
○かんの虫(イライラ、キーキーわめく、かみつくなど)  ○ぜんそく
○アトピー ○花粉症 ○神経性の消化器官不良(腹痛) ○夜泣き ○おねしょ

院長は一児の母でもあり、鍼灸師のグループによる子育て支援にも参加しています。
治療とともに子育てにお悩みの方のご相談にも乗ります。