鍼治療の正しい知識 女性と子供の為の野の花鍼灸院
痛くないはり
「はり治療」と聞くと、鋭利な注射針のようなものをブスッ!とからだに刺す図を想像する方もいるかも知れませんが、それは大きな誤解です。普通、治療に使う鍼(「針」ではなくこちらの字を使います)は、髪の毛ほどの細さで先端がわずかに丸くなっています。

これが細胞を極力壊さず、分け入るように入っていくので、ほとんど痛みを感じません。そして、これでからだの『ツボ』を刺激して血流や気の流れを良くし、崩れたバランスをもとに戻すのです。

およそ2000年前、中国で書かれた<黄帝内経(こうていだいけい)>によれば、『ツボ』の数は365ヵ所あり、その後も中国でぞくぞくと発表され、現在ではプラス1,000とも2,000とも言われています。

世界中で認められた医療行為
これは東洋医学に基づき、中国で何千年にもわたって継承されてきた治療法です。日本でも奈良時代ごろから伝承され、江戸時代には日本独自の繊細な鍼灸術が樹立しました。

しかし明治時代以降、西洋医学が輸入されると、鍼はたんなる民間療法で正当な医学とは一線を画するもの、として不当に低い評価を与えられてしまいました。

しかし近年になって徐々にその効力が認められるようになってきています。特に精神的なストレスが多く、神経に異常をきたしやすい現代社会にあって、鍼治療に求められるものは大きく膨らんでいます。鍼治療は今や西洋医学のお膝元である欧米諸国でも医療として広く用いられ、WHO(World Health Organization=世界保健機構)にも認められています。
鍼灸師は「国家資格」です
最近は街を歩いていても、整体、クイックマッサージ、リフレクソロジーなど、様々な看板を見かけ、混乱しがちですが、このうち、はり師、灸師、あんま・指圧・マッサージ師だけが『国家資格』となっています。野の花鍼灸院の院長は、はり師と灸師の資格を取得しており、豊富な臨床経験をもとに治療を行っています。どうぞ安心してお越し下さい。